日常

今日の日記のタイトルは、あんまり深い意味はない! 何となーく!

釣り以外にも少し書いてみようと思ったのだけど、
 
昔、わたし、知恵袋の相談に答えてみたことがあって、その人はギルドチャットでネトゲで話掛けても無反応だから自分は嫌われてるんじゃないか、と悩んでたのね。

それに対してわたしは、好かれてる嫌われてると考えるのはあんまり意味がない、相手がどっちであっても、人を幸せにするということは自分を幸せにするというのと同じなんだから、好かれてるか嫌われてるかに関係なく、相手が喜ぶ行動を色々考えて積極的にしていくことが大事、って答えてみた。

つまり、好かれてるか嫌われてるか悩むより、少しでも相手を幸せにする行動を積み重ねていく方がいいよね、ということかな♪。
ただ、わたしもその人の似たようなことで悩むこともあるけどね。そういうときは、わたしも自分が答えたその言葉を振り返って、再び心を落ち着けるようにしている♪。
知恵袋、わたしは悩みに答えるのは人を幸せにしてると思えて好きだけど、わたしが答えられる悩みの相談内容なんてそんな種類ないから、結局は普段はあんまりチェックしてないんだけどね><。でも、他人の悩みの相談に乗るのは、そんな風に自分にも返ってきてるんだなあ、と思うのん♪。
 
昨日は六本木、行ってきたー♪。六本木ヒルズで何か食べるつもりだったけど、急遽変更して、ミッドタウン付近のお店で食べた><。
六本木、じわじわとお店、変わってきてるよね……。六本木はほんと、変化の激しい街だと思う!
あとは付近のお店でのんびり過ごした~♪。

読書は最近、また少しずつ再開し出した><。(釣り雑誌がほとんどだったから。)最近、ようやく時間に余裕出て来たし><。ちょっと前までは読書してる余裕なかった><。やっぱり読書は楽しいね、読むことに熱中してるときはほんと至福のとき~♪。
ただ、何というか、やっぱり「わたしの好きなことは読書ではない! 面白い本を読むことが好きなんだ」とつくづく思う。本をいくら読もうとしてもちょっと前まではなかなか読めなかったけど、つい最近出た面白い本はどんどん楽しくて読めちゃう。だから、単純に本なら何でも読みたい、というわけではないんだよね。自分好みの本だけを只管読みたい!

今週末はがっつり、釣りライフを楽しめそうな気がする!

すっきり!また、たまにこんなガス抜きも必要かもしれないね!

23

潰瘍性大腸炎の診察のため済生会病院に行きました。
受付をを済ませてまずは身長と体重そして血圧を測定。
診察室に入ると医師からだいぶ体重が減少していますが心当たりはありますかとのこと。
年初にダイエットを決意して節制と八堂山ウオーキングをしていることを告げると、体重を落とすことはいいことです。医療的には原因がわからず体重減少は病気を疑うとのこと。
潰瘍性大腸炎を患っている方なら下痢が続いているとか大腸がんに進行しているなど・・・
あきらかに減少の原因がわかっているので続けてくださいとのこと。
この先頑張っても体重が落ちない時が来ますがそこであきらめなければまた落ち始めるので頑張ってくださいとのことでした。
その後触診を受けて薬をもらい病院を後にしました。
今日の体重は78.8kg。年初と比較すると▲4.2kg。1月末と比較すると▲400gでした。
八堂山ウオーキングも昨日で39回を数えました。
今後も節制と八堂山ウオーキングを継続し一日でも早く75kgまで下げたいと考えています。
釣りのほうは2/4(土)にチヌのフカセ釣りにいきましたがボウズ。近隣で青虫の投げ釣りでチヌが上がているとの情報が新聞に掲載されておりフカセでもと思いましたが釣り場につくとほかに誰も釣りをする人はおらず案の定ボウズでした。
2/11に咲き始めた早咲きの桜もようやく満開を迎えボチボチ乗っ込みが始まります。はやく今年の1尾目を釣りたいと思っています。

釣りで学ぶ試練の大切さ!

試練を神様からのプレゼントと思える人は、幾度もの試練を乗り越えてきた人だと思います。

あなたが、今はそう思えないとしても、この言葉を心の引き出しの中にそっとしまっておいて下さい。いつか必ず役に立つ日がきます。

試練を感謝して受け取った後に、それが祝福に変わるからです。

聖書は、「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。」(ローマ人への手紙8章28節)と語ります。

あなたが出会った試練は何ですか?

病気、失恋、失業、受験や就活や婚活の失敗、人間関係の問題、経済の問題、愛する人との死別、家族の諍いや崩壊や離婚? 

どれもきびしい試練です。

しかし、どんなに抵抗してもその事実を変えることはできません。それならば、思い切って、喜んで受け取りましょう。

すぐに祝福に変わるプレゼントもあれば、長い年月がかかって、この試練は神様からのプレゼントだったとわかるものもあります。

私たちは、その場で、すぐに「ありがたい!」と思えるものを祝福と感じるきらいがありますが、すぐに「良い!」と思えるものはすぐに色あせてしまいます。

神様の祝福は、例えば、お腹がすいた人がいたとしたら、その人に魚をあげることではなく、魚の釣り方を教えることです。魚をあげるだけならば、お腹がすいたらまた魚を求めてやってくることになり、人を依存させます。しかし、魚の釣り方を教えてもらったならば、自分で釣竿に餌をつけて釣りをしてお腹を満たすようになりますので、自立することができます。

試練は、必ず、後になってみて、神様からの最高の贈り物だったとわかるものです。「その時になってから喜ぶもよし」ですが、後に喜ぶようになることがわかっているのですから、「前もって先取りして喜ぶことはより良いこと」です。

試練は神様からのプレゼントですが、もちろん、うれしいことも神様からのプレゼントです。つまり、すべては神様からの贈り物です。それを知って生きている人は何と幸せでしょうか。

「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(ピリピ人への手紙4章4節~7節)

素敵な一日でありますように。

面白いドイツの釣りサイトがあるんです!

FBでもシェアしたんですが、面白い。 ドイツの釣りサイトを見つけました。

フェイクニュースばかり発信しているんですが、上記は「ベルリンの日本食レストランが生魚を客に提供した疑いで衛生局から強制閉店処分を食らった」という「ニュース」です。

「問題のレストランは、客に対してまともなナイフやフォークすら提供せず、役に立たない木の棒しか提供していなかった」と書かれ、ワサビの写真の横には「ホースラディッシュすら緑カビの疑いが持たれている」というコメントが添えられ、これでもかというくらいにフェイクだとわかるようになってます。

…が、FBのコメント欄見てると結構多くの人が真に受けて、本気のヘイトコメント書き込んだり更には真剣に日本を擁護しようとしていたりするので笑っちゃいます。

以下面白いコメントの抜粋です。

「皆目を覚ませよw糞ジャップ(Japsen)共は俺らを殺そうとしている。メルケル(の移民政策)のお陰だぜ!」
「日本かよw典型的な南米乙」
「だから後進国なんだよ。何期待してんだ?」
「ほらなw前々から奴らは料理なんてできないと思ってたんだ。」
「わかるよ。ジャップのレストラン行ったことあるけど確かにライスは冷めていたね。」
「料理人は調理免許没収されるべきだ。」
「メルケルが誰彼構わず入国させるからこうなるんだ。この国の行く末が心配だ。」
「ドイツも壁を作るべきだ!」
「ダンケ、メルケル!」

「日本国内のレストランではそんなことないわよ!」
「ドイツ人経営のレストランだってよく衛生局から営業停止されてるだろ。外国人だけじゃないよ。」

いや、Mixiボイスとか見てると日本のネト民て馬鹿ばかりなのかと思いますがドイツも大概ではないですねw
お馬鹿過ぎるwww

手塚治記念館再びパート②

前回の続きといきましょう。

さて、その後、手塚治虫が子供のころよく昆虫採集をしていたという千吉稲荷に向かおうとしたのだが、道が入り組んでいるうえに、iPadの地図アプリでも道が途中で切れていて、どこからどう入ればこのお稲荷さんにたどり着けるのかが判然としない。

いったん北に大回りしようとしてやはりそうした道が見当たらず引き返し、今度は南から回り込もうとするものの、やはり稲荷に向かう道が見当たらない。Googleマップのアプリも起動して見比べると、こちらには千吉稲荷の表示がなく、代わりに「出雲大社浪速講社」なるものが表示されたりしている。

とりあえずアプリをたどりながらその講社なるものに向かうが、これがもう、アプリがなかったら絶対に迷っているというくらい解りづらい道。

一軒家と一軒家の間の幅一メートルもないような細い道を潜り抜けたりして、講社にたどり着くもそこは神社とは関係のない普通の住宅で、その先の道も途切れて田んぼになっている。

困ったなあと思いながら道の端まで行って田んぼの向こうをのぞきこんだら、そのあぜ道の先の小高い山のところに赤い鳥居が見えてうわあと思う。こりゃアプリでも道の表示がないはずだわ。
とりあえず、間違って田んぼに足を踏み入れないよう注意しながらあぜ道を大回りして、ようやく鳥居までたどり着く。

手前には「手塚治虫 昆虫採集の森」なんて表示がなされていた。鳥居をくぐり、階段を登りつめたところに小さなお社があり、そこにも賽銭をおいて手を合わせる。あの手塚先生が子供のころこの辺を補虫網を持って走り回っていたのかと思うと感慨深い。

石段から鳥居や周囲の森、下に広がる田んぼをながめながら、しばし思いを馳せる。

帰りはあぜ道をまっすぐ抜けたら先ほど通り過ぎた道に出たのだが、そこに千吉神社の案内板があったのに気付く。しかし私が来た方角からは見えず、反対側の方角からしか見えない表示だった。地元の方、お願いですからもっとわかりやすい表示に変えてください。たぶん年間何人もの手塚ファンが同じ思いをしていると思いますので(-_-;)

一通りの場所は回り終えたので、さて駅に向かおうかとしたところで、坂道を下ったところに大きな楠が見えた。

ああ、そういや手塚先生の実家には大きな楠があったはずだよなあ。でもあれはマンションの敷地内に生えているやつだからこれは別の樹だろうな、なんて思いながらふと見上げたら、その先の住宅街から突き抜けるようにして別の高い樹が目に入った。もしや、と思いそちらに足を向けたところ、なんと間違いなくあの楠だった。前に何かのテレビ番組で、手塚治虫の娘さんがこの家を訪れていたのを見たこともある。

うわあ、ここがかの手塚先生の宝塚時代の家があった場所か。藤子不二雄の『まんが道 あすなろ編』にも二人が手塚家を訪れる場面があったが、、あの二人もこの家の前に立っていたってことかと、もう自分自身が歴史の一場面に立ち会ったような気分になって楠に見入ってしまう。 とうぜん写真も撮ったのだけれど、今は手塚家とは直接関係のない個人宅の樹でもあり、ご迷惑になってはいけないのでここには載せられません。

悪しからず。

手塚治虫記念館再び!

記念館の地下で「手塚治虫のたからづかワンダーマップ」を貰う。
前にも一度貰っていたのだが、どこにしまったのか昨晩部屋中を探したものの見当たらず、仕方なくもらい直すことにしたのである。

記念館周辺の、手塚治虫ゆかりの場所をイラスト入りで紹介しているもの。実のところ、今日の目的はこのマップだったりする。以前から、時間があればこのマップに書かれたところを歩き回ってみたいなあと思っていたのだが、なんとなく機会を逸したままで、せっかくだから時間の空いた今日、一巡りしてみることにしたのである。
まず記念館の前の道から北上し山に向かっててくてく歩く。貰ったマップはB4版で、広げて持ち歩くには大きすぎたので、途中コンビニに寄って縮小コピーを取り、そちらをポケットに突っ込みiPadの地図アプリと見比べながら移動。途中の坂道が予想外にきつい。やはり三月のまだ肌寒い日を選んで正解だった。夏場ならここで挫折していたかもしれない。

途中にある皇太神社をのぞいたりしてから、さらに坂道を登り続け、瓢箪池に到着。

正式名称は「下の池」らしいが、子供のころの手塚治虫が、途中がくびれた形になっていることからこう呼び習わしていたのだとか。思いの外大きな池で、見慣れぬ種類のカモが泳いでいたので何という種類だろうと検索したら(こういう時、iPadって本当に便利だ)、キンクロハジロという渡り鳥らしい。初めて見た。
その後池を大回りする形で、その北にある蛇神社を探す。池のあたりからは平地になっていて歩きやすい。

短編『モンモン山が泣いている。』(ここで無料で読めますにも登場する御社で、目立つ銀杏の木があったので簡単に見つかったが、意外なくらい質素で素っ気ない小さな祠があるだけだった。

脇には朽ちた木の鳥居が横倒しのまま放置されていたが、後で調べたら阪神大震災の時に倒壊したものらしい。

それでもファンからすれば大事な場所だし、少額ではあるが賽銭を供えて手を合わせておく。

その後またてくてく歩いて昔は釣り池があったという御殿山公園を通りすぎる。

いくつか面白い遊具があったので写真を撮る。

静かな住宅街で、山に近いせいか野鳥も多く、ヒヨドリが目の前を飛んで行ったり、甲高い声で鳴いている鳥がいると思ったらモズだったりする。こういう場所なら夏場は虫も多かろう。手塚少年が昆虫採集に夢中になったのも無理はない。

なお、高級住宅街で自販機の類が見事なくらい見当たらないので、夏場にこのマップ巡りをしようという方は、あらかじめお茶か水を駅周辺で買い求めておくことをお勧めします。

釣り餌情報と充実した1日

朝の仕事にキャンセルが入った関係で、今日は丸一日お休みになった。

なもんで朝は惰眠をむさぼり九時起床。

コーヒーなど飲んでゆったり過ごし、郵便局で必要な振り込みなどの所用を済ませてから宝塚に向かう。

到着した時点で十二時近くになっていたので駅の近くにあるラーメン工房「あ」という店で昼飯。豚骨ラーメンと炒飯と唐揚げのセットをがっつり喰らい、腹ごしらえをしてから、手塚治虫記念館に久々に参詣する。

現在の企画展示は『アトム・ザ・ビギニング』を取り上げたもの。私は読んだことないのだが、アトムの誕生秘話を描いたそういう新作漫画があり、アニメ化され四月からNHKでの放映も決まっていることからの企画らしい。紹介文やキャラクター設定表を見ている限りでは、きちんとオリジナルの設定が踏まえられていて、リスペクトも感じられ悪くない雰囲気。楽しみにしておこう。

ちょっと興味深かったのが原作の原画展示で、今はデジタル処理が当たり前だから、鉛筆による下書きと、ペン入れした原稿と、処理が完了した完成原稿が三つ並んで展示してあったりする。時代は変わったものだ。

そんなこんなで夕方は釣りの餌を買いに出かけました。

今回はお散歩アプデに苦労されたようですな。
鬼畜バンチョは「あんな予告してたのに直前でばたばたとは…w」と思いつつ
運営さんお疲れ様でした。

そんなこんなで餌情報ー!
バンチョの以上に効率よく釣れる餌がありましたら教えて頂けると助かります☆

【イイダコ】
・春キャベツ10個
【カサゴ】
・ミョウガ1個
【イカ】
・ハバネロ1個
・丸ナス1個
・スモモ1個

レッツ釣りライフ( *´艸`)

一番最後に一番ありがたいものを拝めて、ほくほくした気分で駅まで戻ったところで、まだ三時前だった。

まっすぐ帰宅するのももったいないなと、ふと思い立って西宮の友人Sのところに電話したら、今日は在宅しているというので遊びに行くことにする。
阪急電車で西宮まで出て、S宅にてくてく歩きお邪魔する。Sのお母さんとも久々にお会いする。
二階のSの部屋で、お互いの近況や最近の野球の話題などでだらだら駄弁る。どうやらSの出身校が春の選抜に出場が決まったらしい。一緒に行こうと誘われるが、果たして試合の日と私の休みが合うかどうか、その日のSの体調がどうかが問題だな。

なんだかんだでだらだら過ごしているうち、気が付いたら六時だったので辞去し、駅に向かっててくてく歩く。

途中、どうせだから西宮時代によく行っていた店で晩飯を食うかと足を延ばして甲子園飯店へ。

焼きめしの大盛りと餃子で晩飯。店構えは昔通りだが、私が引っ越してから経営者が変わったらしく、内装やメニューなどはかなり変化している。味も、久々に食べたらちょっとインパクトが弱く感じられてしまう。

思い出補正が入っているのかもしれないけれど、昔はもっとくっきりした味だったように思うのだが。
ともあれ腹を膨らませ、後は電車でゆったりと帰宅。
ああ、充実した一日だった。

スランプなこの頃。。

こんばんは。
ここ最近全然釣れなくて困っております(^^;

「周りでは釣れているのに自分は釣れず」

という虚しい状況にちょいと凹んでます。
ってか諸磯って平日に行っても何であんなに混んでるんだよ・・・。

ベタ凪で浅場のワンドはかなり厳しい。
外海側の釣り座ではコンスタントにメジナが釣れているが、ワンド内は澄み潮&ベタ凪過ぎで餌も取られないという絶望的な釣りもあったりしましたな。

その時の諸磯釣行はもう完全に没動画でしたねあせあせ

外海側の釣り座とは「別の釣り場」と思う事でなんとか平常心を保とうとはするのですが、やはり他人の釣果は気になっちゃいますね。

「自分だけ釣れてない」っというのはやはり悔しいものです。

まぁ自分は釣りに関してはバシバシ言い訳しますので、
「そりゃあんな状況で酷い場所でしかやれなかったら釣れねぇよ!」
ってね(笑)

電車釣行じゃ諸磯の高飛び込みの外海側は朝イチから入れないし、平日でも外海側満員とかなるとさ、もはやあの場所は電車釣行組には相当不利だよね。
ってかいつ入れるんだよ全く・・・。

一度南西強風の時に行ってみようかなとすら思っているよ。

っとまぁ愚痴ばっかりなんですわ、ここ最近は涙

上記の文章はただの愚痴です(笑)

で、没にしようと思ったけどとりあえず編集した動画をアップしてみました。
まあ没候補だったので短かったですしね。

去年12月の釣行になりますが、この2週間前の根府川小根でそこそこ釣れたので行ってみましたが・・・

毎回釣っている印象を抱かれる事があるのですが、自分の腕なんてこんな物です。
ちょっと状況悪ければ全然釣れませんからね。
悪条件を打破するテクニックは全く持ち合わせておりません。

基本的に、潮回り・時間帯・風向き・波の高低とかの自然環境のプラス補正要素に頼ったやり方で釣っているのが現状です。

潮を読んだり、コマセワークで釣ったり、繊細な仕掛けを高等な技術で操作して釣る・・・とか全然下手くそで出来ません(笑)

ただ、自然環境のプラス補正に頼ればテクニックとかは意外と関係なく釣れる事も多いです。

早くこのスランプを脱出したいな~。

とりあえず今日も藤乃屋さん(ラーメン食堂)薦められて名物(?)の華さんの学食をいただきます。

フルサイズ醤油ラーメンはやはりげっぷものですが、病みつきになる味です。

だって結局また来てしまったんだから。

さ、スランプのことは忘れておいしもの食べよ!

釣りのない1日②

長く書きすぎて2回に分けました。。

コンビニでお金を下ろすから、とセブンイレ○ンに入るとガルパン関係の書籍、CD、BDがズラリと。

外に出てから大洗のお店はさすがですね、と言ったら、店長の子供さんがファンで置いてあるんですよ、とのお答えが。コンビニで定価1万越えの特捜版BDはどうなんでしょうね?ドラマCDやキャラCDもあるし……。

途中カモさんチームがクルセイダーにぶつかった場所とか見ながらもう一度町へ。
相手の方がいつも利用していた旅館のおかみさんが亡くなったので、挨拶したいとのことで一旦別行動。終わったら連絡もらうということにして、自分一人でマリンタワーに行き、その後に隣のアウトレットモール&まいわい市場に行きました。
平日夕方とはいえアウトレットモールには人影があまりないし、テナントの空きも多くて大丈夫かしら?と思ったり。
アウトレットモールの中のガルパンギャラリーは昨年来た時より広くなっていて、展示も増えていました。
まいわい市場でおみやげなぞ物色しながら見切り品の唐揚げを買ってホテルで食べよう、などと出張中のサラリーマンみたいなことを考えたり。

午後6時を過ぎて日も暮れてきたし、連絡もないので旅館のところまで行くと、丁度終わって出てきたところでした。結局納棺まで立ち会ったそうです。
このなめやさんという旅館は90才のおかみさんが一人でやっていて、大洗でもとても古いお店なのだとか。アットホームな感じで釣り客やガルパンさんといった常連が多かったのですが、跡継ぎはいないので閉めることになってしまうでしょうね……とか教えていただきました。

このお店はラーメンも華さん盛りがあるそうです。
精算時には学食完食記念カードがもらえます。絵柄はアリクイさんチームのぴよたんです。

店を出て大洗駅まで歩いていると、道路が以前と変わっていることに気がつきました。拡張工事やら何やらで町並みも少し以前と違います。20年くらい経てば、昔の大洗はこんなのだったんだよ、という会話をガルパン見ながら地元の人たちがしているかもしれませんね。TVシリーズだって2012年の放送ですからねぇ。

大洗駅から水戸駅まで移動して、相手の方は東京に。自分は水戸に泊まるのでお別れ。またいつか大洗でお会いしましょう。
予約したホテルは水戸駅からすぐのところなので間違えようがない……と思っていたら反対方向に向かっていました。ヤバかった……。
初めて使うホテルでしたがシングルでも広めでいい感じ。まいわい市場で買った唐揚げをつまみにコーラを飲んで、お風呂に入って寝ました。

自分が行ったまいわい市場とガルパンギャラリーが、諸般の事情で現在閉まっているんですね。早期に再開されることを祈ります……。

釣りのない1日①

ココス大洗店を出てテクテク歩いて坂を下り、

とりあえず町中へ入りました。まずは江口又新堂さんのところへ。

ちょうどガルパン関係のコミックが複数発売されたので、江口さんのところで買おうかと。

どこで買っても値段は同じだし、江口さんのところにだけ封入されているメッセージペーパーもありますので。
挨拶して店内に入ると平日昼間なのに何人かお客様がいて、その中に見覚えのある方が。
以前はコミケ会場でよく会っていて、大洗でも会った事がある方です。東京在住なので秋葉原を案内してもらったこともありますね。
以前は月に3~4回大洗に来ていたけど(毎週やん……)今は月イチくらいだそうで。自分はせいぜい年イチですが。
久しぶりの再会なので丁度バッグに入れていた自分のガルパン本を差し上げたら「またヒドい内容なんですね」と言われプンプン。そんなものを作った憶えはありません!「作ったら忘れちゃうんですね」それはあるかも……。

本を3冊購入して江口さんのところを出ると、お互い特に予定はないので一緒に移動しますかハイハイお昼にしましょうかハイハイではココスにハ……さっき入ってきたけどまぁいいか、なことに。正直寒いので暖まれそうな場所に入りたかったのです。

ココスに行く途中、寄り道してガルパン劇場版のエキシビションでルクリリ車が撃破された場所を教えてもらいました。
劇中では立体駐車場でしたが、そんなもの大洗にはないハズだけどなーと思っていたのですが、やっぱりありませんでした。モデルになったのは会社の敷地と倉庫。あー倉庫の扉が福田車の出てきたアレでこっちから見える家並みがそうですねー。有志の方たちが見つけたそうですが、よく分かったなコレ……。

んでもう一度ココス大洗店へ。先程よりさらにお客様が増えていますね。
寒かったので自分は雑炊と割引券もらったのでひな祭りケーキとドリンクバー。相手の方はコラボメニューとパンツァーケーキ。
食べ終わった後はゆったり紅茶飲みながらダラダラ喋って時間潰してました。ココスはルクリリとか珍しい紅茶があるんですよね。でもダージリンは品切れでした。さすが大洗店。

適当なところで腰を上げて店の外に出ると、停めてある自転車を見て「これは○○さん、コッチは……」と。

いつも大洗で会っているので誰のか分かっているそうで、さすが「ガルパンさん」ですなぁ……。

あ店内も「ガルパンさん」は多かったみたいです。自分もそうなんでしょうが……。

次回へ続く